岩盤浴と溶岩浴の解説

岩盤浴とは

岩盤浴がブームになって久しいですね。
最近は、岩盤浴も多種多様に扱われるようになり、その呼び名も礫岩浴とか宝石浴とか、岩盤の種類で区別されたり、溶岩浴というものも登場していますよね。
岩盤浴がメディアで話題に上ることは少なくなったとはいえ、静かなブームが続いていることは確かですし、岩盤浴の効果は現代人にとって絶大なものですので、ここで岩盤浴とはどういうものなのか調べたことを書いてみようと思います。
岩盤浴とは、だいたい43℃から45℃くらいに暖められた岩盤と言われる天然の鉱石で出来た盤(ベッドのようになっていたり、床にそのまま岩盤がある場合もあります)の上に、バスタオルなどを敷いて横になり、鉱石の働きかけにより多量の発汗がなされる、いわゆるお湯のないお風呂のことを言います。
岩盤浴で得られる発汗は、サウナ以上ということですから、ものすごい発汗量であることは間違いないですね。
しかも、その汗には特有の臭いもなく、とてもさらさらしているために天然の化粧水という異名を持つほどの潤いを持っています。
ですから、岩盤浴の後にシャワーで洗い流す必要がないんですね。
岩盤浴では、鉱石盤の下に熱源が設置されていて、それが鉱石を温めると鉱石は遠赤外線という熱線を放出する仕組みになっています。
この遠赤外線が人体の奥深くまで温熱を伝えるので、いつもとは違ったさらさらな発汗が起こるわけです。
発汗によってデトックス効果はもちろんのこと、ガン予防効果なども期待できるのだそうですよ。
岩盤浴とは、やはりストレス社会には不可欠のもののようですね。